放置自転車マップとは

放置自転車マップとは放置自転車の情報を地図上で可視化するアプリケーションです。

投稿ページから放置自転車の台数を報告することで、自転車の放置状況が地図上に可視化されます。また、投稿した放置自転車に関する情報はオープンデータ(Linked Open Data)となって公開され,誰でも二次利用可能となっています。

アニメーション

開始日時と終了日時を設定し再生ボタンを押すと、自転車の放置状況がマーカーやヒートマップでアニメーションで表示されます。

画像はAndroidスマホのChromeブラウザでの動作画面です。PCではUIが異なりますが同様に機能します。

スマホでの動作画面

放置自転車の報告

スマホで投稿ページから放置自転車情報を投稿することができます。投稿されたデータは放置自転車LODに追加されます。

Twitter認証後に以下の画面に遷移しますので、台数入力、位置情報更新を行い送信してください。可能であればカメラで撮影をお願いいたします。(バイクはカウントしないようお願いいたします。)
※端末とTwitterの両方の設定で位置情報の許可をお願いします。

スマホでの投稿ページ表示

放置自転車が一続きに集まっているところを一つの観測地点として、その台数をカウントして報告をお願い致します。放置自転車が無くなっていた場合は0台と報告をお願い致します。

※予めTwitterの設定で下図のように位置情報の投稿を許可しておく必要があります。また、鍵付きアカウントでは正常にデータが収集できませんのでご了承ください。

Twitterで位置情報の投稿を許可