SPARQLエンドポイントについて

SPARQLエンドポイントとはRDFLODに対してSPARQLを用いてデータの問い合わせをするための窓口のようなものです。

SPARQL特有の簡単な主語・述語・目的語の構文でブラウザからデータを検索できる他、プログラムからXMLやJSONなどのフォーマットで検索結果を取得できるため、WebAPIとしても利用できます。

URLはこちらになります→SPARQLエンドポイント

利用例

2015年6月23日の放置自転車の情報(場所と台数と時間)を日付昇順表示

結果

SELECT ?placeName ?number ?date WHERE {
	?s rdf:type <http://www.ohsuga.is.uec.ac.jp/bicycle/resource/IllegallyParkedBicycles> ;
	  event:time/dcterms:created ?date ;
	  event:place ?place ;
	  rdf:value ?number .
	?place rdfs:label ?placeName .
	FILTER(?date > "2015-06-23"^^xsd:dateTime && ?date < "2015-06-24"^^xsd:dateTime)
} order by ASC(?date)

雨の日の放置自転車のIRIと台数を100件まで表示

結果

SELECT distinct ?s (str(?num) AS ?bicycles)
FROM<http://www.ohsuga.is.uec.ac.jp/ipblod>
FROM<http://www.ohsuga.is.uec.ac.jp/weather>
WHERE {
	?s rdf:type <http://www.ohsuga.is.uec.ac.jp/bicycle/resource/IllegallyParkedBicycles>;
	  rdf:value ?num;
	  ipb:weather/wo:hasWeatherPhenomenon/wo:hasIntensity ?intensity .
	FILTER(?intensity > 0)
} LIMIT 100

RDFグラフ構造

放置自転車LODのグラフ構造

詳しくはデータセットのページをご覧ください