Takahiro KAWAMURA Visiting Associate Professor
[English] | [Japanese]
 
 
 氏名・所属 ^


川村 隆浩
博士(工学)早稲田大学

電気通信大学大学院
情報システム学研究科
客員准教授  ○合
kawamura{at}ohsuga.is.uec.ac.jp

大阪大学大学院
工学研究科
非常勤講師

国立研究開発法人 科学技術振興機構
情報企画部 情報分析室
主任調査員
takahiro.kawamura{at}jst.go.jp


 略歴 ^

2001年 米国カーネギ・メロン大学ロボット工学研究所 客員研究員(〜2002年)
2003年 電気通信大学大学院情報システム学研究科 客員准教授(〜現在)
2007年 大阪大学大学院工学研究科 非常勤講師(〜現在)
2015年 国立研究開発法人 科学技術振興機構 情報企画部 情報分析室 主任調査員(〜現在)

 表彰歴 ^

2004年 3rd International Semantic Web Conference (ISWC), Best Paper Award 審査員特別賞
2010年 第9回合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010 (JAWS10),ベストポスター賞
2012年 Linked Open DataチャレンジJapan2011,アプリケーション部門 審査員特別賞
2012年 5th ACM Linked Data Cup (I-SEMANTICS2012併催チャレンジ), ノミネート(TOP4)
2012年 11th International Semantic Web Conference (ISWC), Ten-Year Award
2013年 Linked Open DataチャレンジJapan2012,アプリケーション部門 審査員特別賞
2013年 3rd International Conference on Advanced Communications and Computation 2013, Best Paper Award
2013年 3rd Joint International Semantic Technology Conference 2013, Best Poster Award
2014年 経産省・総務省オープンデータ ユースケースコンテスト アプリケーション作成部門, 優秀賞
2014年 経産省・総務省オープンデータ ユースケースコンテスト オープン化推進部門, 優秀賞
2014年 人工知能学会 2013年度研究会優秀論文賞
2014年 4th Joint International Semantic Technology Conference 2014, Best Poster Award
2015年 3rd International Conference on Internet Services Technology and Information Engineering 2015, Best Paper Award
2016年 Linked Open DataチャレンジJapan2015,データセット部門 最優秀賞
2016年 国立研究開発法人 科学技術振興機構 理事長賞
2017年 11th IEEE International Conference on Semantic Computing, Best Paper Award

 研究テーマ ^

AI技術の社会実装.特に社会・環境・Web上における非構造化データからのナレッジグラフ構築,およびその分析・活用を行っています.

 学会・委員会活動 ^
  • ISWC 2004 (3rd International Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2004.
  • ISWC 2006 (5th International Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2006.
  • ISWC 2007 + ASWC 2007 (6th International Semantic Web Conference and 2nd Asian Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2007.
  • ISWC 2016 (15th International Semantic Web Conference),
    Posters and Demos Track Co-Chair, Organizing Committee, 2015.
    Local Organizing Committee, 2015.
  • ISWC 2017 (16th International Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2017.
  • ESWC 2016 (13th Extended Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2016.
  • ESWC 2017 (14th Extended Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2017.
    Poster and Demos Track Program Committee, 2017.
  • ICSC 2018 (12th IEEE International Conference on Semantic Computing),
    Panel Co-Chair, Organizing Committee, 2017.
  • ASWC 2006 (1st Asian Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2006.
  • ASWC 2008 (3rd Asian Semantic Web Conference),
    Program Committee, 2008.
  • JIST 2011 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Program Committee, 2011.
  • JIST 2012 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Industrial Track Chair, Organizing Committee, 2012.
    Local Organizing Committee, 2012.
    Program Committee, 2012.
  • JIST 2013 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Industry Chair, Organizing Committee, 2013.
    Program Committee, 2013.
  • JIST 2014 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Industrial Track Chair, Organizing Committee, 2014.
    Program Committee, 2014.
  • JIST 2015 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Program Committee, 2015.
  • JIST 2016 (Joint International Semantic Technology Conference),
    Program Committee, 2016.
  • MobiQuitous 2005 (2nd International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems),
    Program Committee, 2005.
  • MobiQuitous 2006 (3rd International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems),
    Program Committee, 2006.
  • MUE 2007 (2007 International Conference on Multimedia and Ubiquitous Engineering),
    Program Committee, 2007.
  • MUE 2008 (2008 International Conference on Multimedia and Ubiquitous Engineering),
    Program Committee, 2008.
  • SMPE 2007 (2007 International Workshop on Secure and Multimodal Pervasive Environments),
    Program Committee, 2007.
  • MoSO 2007 (Mobile Services-oriented Architectures and Ontologies 2007),
    Program Committee, 2007.
  • OWL-S 2007 (OWL-S Experiences and Directions 2007),
    Program Committee, 2007.
  • UCS 2007 (International Symposium on Ubiquitous Computing Systems 2007),
    Program Committee, 2007.
  • UCS 2009 (International Symposium on Ubiquitous Computing Systems 2009),
    Program Committee, 2009.
  • RoSOC-M'08 (International Workshop on the Role of Services, Ontologies, and Context in Mobile Environments),
    Program Committee, 2008.
  • RoSOC-M'09 (International Workshop on the Role of Services, Ontologies, and Context in Mobile Environments),
    Program Committee, 2009.
  • RoSOC-M'10 (International Workshop on the Role of Services, Ontologies, and Context in Mobile Environments),
    Program Committee, 2010.
  • SMR2 (Service Matchmaking and Resource Retrieval in the Semantic Web),
    Joint Organizing Committee, 2007.
  • SMR2 (Service Matchmaking and Resource Retrieval in the Semantic Web),
    Steering Committee, 2008.
  • SMR2 (Service Matchmaking and Resource Retrieval in the Semantic Web),
    Steering Committee, 2009.
  • SMR2 (Service Matchmaking and Resource Retrieval in the Semantic Web),
    Steering Committee, 2010.
  • WWW 2008 (17th International World Wide Web Conference),
    Program Committee, 2007.
  • AAMAS 2009 Industrial Track (8th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems),
    Program Committee, 2009.
  • AAMAS 2010 Industrial Track (9th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems),
    Program Committee, 2010.
  • AAMAS 2011 (10th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems),
    Program Committee, 2011.
  • AAMAS 2013 (12th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems),
    Program Committee, 2012.
  • PRIMA 2009 Industrial Track (12th International Conference on Principles of Practice in Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2009.
  • PAAMS 12 (10th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2011.
  • PAAMS 13 (11th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2012.
  • PAAMS 14 (12th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2013.
  • PAAMS 15 (13th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2014.
  • PAAMS 16 (14th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2015.
  • PAAMS 17 (15th Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems),
    Program Committee, 2016.
  • INFOCOMP 14 (4th International Conference on Advanced Communications and Computation),
    Program Committee, 2014.
  • INFOCOMP 15 (5th International Conference on Advanced Communications and Computation),
    Program Committee, 2015.
  • INFOCOMP 16 (6th International Conference on Advanced Communications and Computation),
    Program Committee, 2016.
  • SoICT 2013 (4th International Symposium on Information and Communication Technology),
    Program Committee, 2013.
  • SoICT 2014 (5th International Symposium on Information and Communication Technology),
    Program Committee, 2014.
  • ICT4AgeingWell 2015 (International Conference on ICT for Ageing Well and e-Health),
    Program Committee, 2014.
  • ICT4AWE 2016 (2nd International Conference on ICT for Ageing Well and e-Health),
    Program Committee, 2015.
  • ICT4AWE 2017 (3rd International Conference on ICT for Ageing Well and e-Health),
    Program Committee, 2016.
  • ICT-ACT 2015 (7th ICT Innovations Conference 2015),
    Program Committee, 2015.
  • HAT-MASH 2015 (1st international workshop on Healthy Aging Tech mashup service, data and people),
    Program Committee, 2015.
  • WEBIST 2016 (12th International Conference on Web Information Systems and Technologies),
    Program Committee, 2015.
  • WEBIST 2017 (13th International Conference on Web Information Systems and Technologies),
    Program Committee, 2016.
  • MATES 2016 (14th German Conference on Multiagent System Technologies),
    Program Committee, 2016.
  • MATES 2017 (15th German Conference on Multiagent System Technologies),
    Program Committee, 2017.
  • AAI 2016 (5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics),
    Program Committee, 2016.
  • ISDS 2017 (1st International Symposium on Designing Semantics),
    Organizing Committee, 2017.
  • Journal of Web Semantics,
    Editorial Board / Area Editor (P2P Computing), 2008-2010.
    【5-Year Impact Factor:3.593, JCR2010】
  • International Journal on Semantic Web and Information Systems (IJSWIS),
    Editorial Board, 2011-現在.
    【Impact Factor:2.308, JCR2011】
  • International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering (IJMUE),
    Editorial Board, 2007-現在.
  • Future Internet Journal (FIJ),
    Editorial Board, 2009-現在.
  • 人工知能学会 セマンティックWebとオントロジー研究会(SWO),
    専門委員(2003-2005).
    幹事(2006).
    副委員長(2007-2011).
    委員長(2012-2013).
    顧問(2014-現在).
  • 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会(SIGAI),
    幹事(2007-2010).
    専門委員(2011-現在).
  • 電子情報通信学会 サービスコンピューティング研究会(SIGSC),
    専門委員(2009-現在).
  • 人工知能学会全国大会,
    プログラム委員(2007-2008).
  • 人工知能学会 論文特集「Linked Open DataとセマンティックWeb」,
    編集委員(2013).
  • 人工知能学会 論文特集「実践Linked Open Data」,
    編集委員(2015).
  • 電子情報通信学会 和文論文誌D特集「クラウド・サービスコンピューティング」,
    編集委員(2013).
  • 電子情報通信学会 英文論文誌D特集「Cloud Service Computing」,
    編集委員(2013).
  • 電子情報通信学会 英文論文誌D特集「セマンティックWebとLinked Data」,
    編集委員長(2016).
  • (財)情報処理相互運用技術協会(INTAP) 次世代Web委員会,
    委員(2003-2007).
  • 情報家電サービス基盤フォーラム,
    委員(2005-2010).
  • インテリジェント・エージェント研究会,
    監事(2000-2001).
  • 人工知能学会,
    理事(2012-2014).
    代議員選挙管理委員(2014).
    代議員(2015-現在).
 学術論文誌論文 ^
  1. 芦川将之,川村隆浩,大須賀昭彦: クラウドソーシングワーカーの段階的育成方法の提案, 人工知能学会論文誌,Vol. 32, No. 3, 2017. (accepted)
  2. 江上 周作,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: 社会課題解決に向けた循環型LOD構築システムの提案, 人工知能学会論文誌 30周年記念論文特集,Vol. 31, No. 6, pp. AI30-K_1-12, 2017.
  3. R. Yoko, T. Kawamura, A. Ohsuga: Semantics-based news delivering service, International Journal of Semantic Computing, 10th Anniversary Special Issue, Vol. 10, No. 4, pp. 445-459, 2016.
  4. 川村 隆浩,山下 泰弘,松邑 勝治: 時系列ビブリオメトリクスによる研究活動分類手法の提案, 情報知識学会論文誌,Vol. 26, No. 3, pp. 251-259, 2016.
  5. M. Ashikawa, T. Kawamura, A. Ohsuga: Quality Improvement by Worker Filtering and Development in Crowdsourcing, Web Intelligence Journal, IOS Press, Vol. 14, No. 3, pp. 229-244, 2016.
  6. S. Egami, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: A Solution to Visualize Open Urban Data for Illegally Parked Bicycles, Transactions on Large-Scale Data- and Knowledge-Centered Systems XXVII, Vol. 27, pp. 129-141, 2016.
  7. T. Iijima, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Sake Selection Support Application for Countryside Tourism, Transactions on Large-Scale Data- and Knowledge-Centered Systems XXVII, Vol. 27, pp. 19-30, 2016.
  8. 木村 考宏,川村 隆浩,渡邊 勝太郎,松本 尚也,佐藤 智宣,櫛田 達矢,松邑 勝治: J-GLOBAL knowledge: 科学技術情報に関する大規模Linked Dataセットの設計および構築, 人工知能学会論文誌,Vol. 31, No. 2, pp. N-F73 1--12, 2016.
  9. Y. Ohwatari, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Estimation of Interpersonal Relationships in Movies, IEICE Transaction on Information & Systems, Vol. E99-D, No. 1, pp. 128-137, 2016.
  10. K. Tashiro, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Iterative Improvement of Human Pose Classification using Guide Ontology, IEICE Transaction on Information & Systems, Vol. E99-D, No. 1, pp. 236-247, 2016.
  11. T. Kawamura, A. Ohsuga: Development of Web API for Triplification of Text Information, New Generation Computing, Vol. 34, No. 4, pp. 307-321, 2016.
  12. 川村 隆浩,大須賀 昭彦: TEXT2LOD 〜テキスト情報のLOD化に向けたWeb APIの開発〜, 人工知能学会論文誌,Vol. 31, No. 1, 2016.
  13. 江上 周作,川村 隆浩,藤井 章博,大須賀 昭彦: BOMエージェントの実現に向けたLODの構築, 電子情報通信学会論文誌,Vol.J98-D,No.6,pp. 992-1004, 2015.
  14. 横尾 亮平,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: 語句間の意味的リレーションに基づくキュレーションエージェント, 電子情報通信学会論文誌,Vol.J98-D,No.6,pp. 982-991, 2015.
  15. 川村 隆浩,長野 伸一,大須賀 昭彦: Linked Data統合に向けたLiteral値マッチング手法の提案, 人工知能学会論文誌,Vol. 30, No. 2, pp. 440-448, 2015.
  16. T. Kawamura, A. Ohsuga: Applying Linked Open Data to Green Design, IEEE Intelligent Systems, Vol. 30, No. 1, pp. 28-35, 2015.【5-Year Impact Factor:2.54,採択率10%以下】
  17. T. Kawamura, A. Ohsuga: Question-Answering for Agricultural Open Data, Transactions on Large-Scale Data- and Knowledge-Centered Systems XVI, Vol. 8960, pp. 15-28, ISSN:1869-1994, 2015.
  18. 芦川 将之,川村 隆浩,池田 朋男,大須賀 昭彦: マイクロタスク型における精度向上手法を導入した専用クラウドソーシングプラットフォームの構築, 人工知能学会論文誌,Vol. 29, No. 6. pp. 503-515, 2014.
  19. 田代 和浩,川村 隆浩,清 雄一,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: Human Pose Guide Ontologyを用いた静止画像内人物のポーズ分類, 日本ソフトウェア科学会論文誌,Vol.31, No.3, pp.58-69, 2014.
  20. 川村 隆浩,大須賀 昭彦: LODを対象としたユーザ参加型質問応答サービスの開発 〜ユーザフィードバックによる精度向上とコンテキスト自動登録手法の評価〜, 人工知能学会論文誌,Vol. 29, No. 4, pp. 375-385, 2014.
  21. M. Wang, T. Kawamura, Y. Sei, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Music Recommender Adapting Implicit Context Using `renso' Relation among Linked Data, Journal of Information Processing(情報処理学会英文論文誌), Vol. 22, No. 2, pp. 279-288, 2014.
  22. グエン ミン テイ,川村 隆浩,大須賀 昭彦: Twitterからの呟かれなかった行動の推測手法の提案 〜災害時の帰宅行動に関する事例検討〜, 電子情報通信学会(D), Vol. J96-D, No.12, pp. 2970-2978, 2013.
  23. 川村 隆浩,越川 兼地,中川 博之,清 雄一,田原 康之,大須賀昭彦: メディア情報のLinked Data化と活用事例の提案, 電子情報通信学会(D), Vol. J96-D, No.12, pp. 2987-2999, 2013.
  24. 竹之内 隆夫,川村 隆浩,大須賀 昭彦: ユーザ存在の特定を困難にした分散匿名化の提案〜2診療機関のレセプトデータを用いた有効性の評価〜, 電子情報通信学会(D),Vol. J96-D, No. 3, pp. 596-610, 2013.
  25. 全 泰賢,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 服飾オントロジーを用いたECサイトにおけるユーザデザイン嗜好の推定と評価, 情報処理学会論文誌,Vol. 53, No. 11, pp. 2485-2493, 2012.
  26. 竹之内 隆夫,川村 隆浩,大須賀 昭彦: クラウド上での事業者間データ連携のための分散型パーソナル情報保護エージェント, 情報処理学会論文誌,Vol. 53, No. 11, pp. 2432-2444, 2012.
  27. 川村 隆浩,ワ コラ,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: インタラクション・シーケンスに着目した商品検索目的抽出エージェントの開発, 電子情報通信学会(D),Vol. J94-D, No. 11, pp. 1783-1790, 2011.
  28. 三代 謙仁,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 携帯端末上での拡張現実を用いた植物推薦エージェントGreen-Thumb Phoneの開発, 電子情報通信学会(D),Vol. J94-D, No. 11, pp. 1791-1799, 2011.
  29. 川村 隆浩,沈 偉,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: オントロジー構築サービスONTOMOの開発 - 固有名詞抽出によるインスタンス・プロパティ自動推薦エージェントの評価, 人工知能学会論文誌,Vol. 26, No. 1, pp. 116-126, 2011.
  30. グェン ミン ティ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 条件付確率場と自己教師あり学習を用いた行動属性の自動抽出と評価, 人工知能学会論文誌,Vol. 26, No. 1, pp. 166-178, 2011.
  31. 山崎 智弘,真鍋 俊彦,川村 隆浩: 話題抽出エージェントを用いた番組検索システムの実装, 日本ソフトウェア科学会論文誌,Vol. 25, No. 4, pp. 41-51, 2008.
  32. T. Takenouchi, N. Okamoto, T. Kawamura, A. Ohsuga, M. Maekawa: Development of knowledge-filtering agent along with user context in ubiquitous environment, Systems and Computers in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Vol. 38, No. 8, pp. 11-19, 2007.
  33. 川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦,M. Paolucci,K. Sycara: セマンティックWebサービスマッチメーカーの公開実験に基づく評価, 人工知能学会論文誌,Vol. 20, No. 6, pp. 426-436, 2005.
  34. 竹之内 隆夫,岡本 直之,川村 隆浩,大須賀 昭彦,前川 守: ユビキタス環境において動的なコンテキストに応じて知識情報をフィルタリングする推論エージェントの開発, 電子情報通信学会(D-I),Vol. J88-D-I, No. 9, pp. 1428-1437, 2005.
  35. 岡本 直之,竹之内 隆夫,川村 隆浩,大須賀 昭彦,前川 守: 放送番組に対してパブリックオピニオン・メタデータを生成する視聴支援エージェントの開発 〜ネットコミュニティからの雰囲気成分の抽出とユーザ間での流通による洗練化〜, 電子情報通信学会(D-I),Vol. J88-D-I, No. 9, pp. 1477-1486, 2005.
  36. T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, M. Paolucci, K. Sycara: Web Services Lookup: A Matchmaker Experiment, IEEE IT Professional, Vol. 7, No. 2, pp. 36-41, March/April, 2005.(被引用数26)【Impact Factor:0.495】
  37. 寺崎 達也,中井戸 健至,川村 隆浩,大須賀, 昭彦,前川 守: ユビキタス環境とWebサービスを仲介するミドルエージェントの開発, 人工知能学会論文誌Vol. 19, No. 4, pp. 343-350, 2004.
  38. N. Yoshioka, T. Kawamura, A. Ohsuga, S. Honiden: Evaluation of A Multi Agent Framework for Open Distributed Systems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications, and Computer Sciences, Vol. E85-A, No. 11, pp. 2396-2406, 2002.
  39. T. Kawamura, T. Hasegawa, T. Seki, A. Ohsuga, S. Honiden: Development of Distributed Power Outage Scheduling System by Using Bee-gent, Electrical Engineering in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Vol. 139, No. 3, pp. 62-72, 2002.
  40. T. Kawamura, S. Joseph, A. Ohsuga, S. Honiden: Designing Multi-Agent Systems based on Pairwise Agent Interactions, IEICE Transaction on Information & Systems., Vol. E84-D, No. 8, pp. 968-980, 2001.(被引用数9)
  41. 川村 隆浩,長谷川 哲夫,関 俊文,大須賀 昭彦,本位田 真一: マルチエージェントフレームワークBee-gentを用いた電力系統作業停止計画向け分散スケジューリングシステムの開発, 電気学会論文誌C, Vol.120-C, No.12, pp. 2003-2011, 2000.
  42. T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, S. Honiden: Bee-gent: Bonding and Encapsulation Enhancement Agent Framework for Development of Distributed Systems, Systems and Computers in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Vol. 31, No. 13, pp. 42-56, 2000.(被引用数17)
  43. T. Kawamura, N. Kase, D. Araki, A. Ohsuga: Development of a Distributed Cooperative Scheduling System based on Negotiations between Scheduling Agents, Systems and Computers in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Vol. 31, No. 1, pp. 92-101, 2000.(被引用数11)
  44. 川村 隆浩,田原 康之,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦,本位田真一: Bee-gent:移動型仲介エージェントによる既存システムの柔軟な活用を目的としたマルチエージェントフレームワーク, 電子通信学会論文誌(D-I), Vol. J82-D-I, No. 9, pp. 1165-1180, 1999.
  45. 末田 直道,川村 隆浩,加瀬 直樹,島田 毅: 分散協調型スケジューリングシステムにおける交渉のためのサブゴール設定方式, 人工知能学会論文誌, Vol. 14, No. 6, pp. 1108-1115, 1999.
  46. 川村 隆浩,加瀬 直樹,荒木 大,大須賀 昭彦: スケジューラ間の調整交渉に基づく分散協調型スケジューリングシステムの開発, 電子通信学会論文誌(D-I),Vol. J81-D-I, No. 5, pp. 505-513, 1998.
 国際会議論文 ^
  1. T. Kawamura, M. Sekine, K. Matsumura: Hyponym/Hypernym Detection in Science and Technology Thesauri from Bibliographic Datasets, Proceedings of 11th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2017), pp. 180-188, 2017. (Acceptance Ratio: 20.15%) (Best Paper Award)
  2. T. Kawamura, M. Sekine, K. Matsumura: Hyponym/Hypernym Detection in Science and Technology Thesauri from Bibliographic Datasets, 11th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2017), Poster session, 2017.
  3. T. Kawamura, K. Kozaki, T. Kushida, K. Watanabe, K. Matsumura: Expanding Science and Technology Thesauri from Bibliographic Datasets using Word Embedding, Proceedings of 28th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2016), pp. 857-864, 2015.
  4. S. Egami, T. Kawamura, A. Ohsuga: Estimation of Spatio-temporal Missing Data for Expanding Urban LOD, Proceedings of 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2016), pp. 152-167, 2016.
  5. Y. Uehara, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Linked Data Collection and Analysis Platform for Music Information Retrieval, Proceedings of 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2016), pp. 127-135, 2016.
  6. S. Egami, T. Kawamura, A. Ohsuga: Estimation of Spatial Missing Data for Expanding Urban LOD Proceedings of 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2016), Poster and Demo track, 2016.
  7. Y. Uehara, T. Kawamura, S. Egami, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Linked Data Collection and Analysis Platform of Audio Features, Proceedings of 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2016), Poster and Demo track, 2016.
  8. S. Egami, T. Kawamura, A. Ohsuga: Building Urban LOD for Solving Illegally Parked Bicycles in Tokyo, Proceedings of 14th International Semantic Web Conference (ISWC 2016), Part II, LNCS 9982, pp. 291-307, 2016.
  9. T. Kushida, T. Masuda, Y. Tateisi, K. Watanabe, K. Matsumura, T. Kawamura, K. Kozaki, T. Takagi: Refining JST Thesaurus and Discussing the Effectiveness in Life Science Research, Proceedings of 5th Intelligent Exploration of Semantic Data Workshop (IESD 2016, co-located with ISWC 2016), pp. 1-14, 2016.
  10. T. Kawamura, Y. Yamashita, K. Matsumura: Research Activity Classification Based on Time Series Bibliometrics, Proceedings of 21st International Conference on Science and Technology Indicators (STI 2016), pp. 1456-1460, 2016.
  11. S. Egami, T. Kawamura, A. Ohsuga: Schema Design of Illegally Parked Bicycles LOD, Proceedings of 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI 2016), pp. 692-697, 2016.
  12. M. Ashikawa, T. Kawamura, A. Ohsuga: Deployment of Private Crowdsourcing System with Quality Control Methods, Proceedings of 2015 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI'15), pp. 9-16, 2015.
  13. T. Kawamura, A. Ohsuga: An Approach to Construct Semantic Networks with Confidence Scores Based on Data Analysis - Case Study in Osaka Wholesale Market -, Proceedings of 27th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2015), pp. 302-309, 2015.
  14. T. Kimura, T. Kawamura, K. Watanabe, N. Matsumoto, T. Sato, T. Kushida and K. Matsumura: J-GLOBAL knowledge: Japan's Largest Linked Data for Science and Technology, Proceedings of 14th International Semantic Web Conference (ISWC 2015), Industry Track, 2015.
  15. T. Kimura, T. Kawamura, K. Watanabe, N. Matsumoto, T. Sato, T. Kushida and K. Matsumura: J-GLOBAL knowledge: Japan's Largest Linked Open Data for Science and Technology, Proceedings of 14th International Semantic Web Conference (ISWC 2015), Poster & Demo Track, 2015.
  16. M. Ashikawa, T. Kawamura, A. Ohsuga: Proposal of Grade Training Method in Private Crowdsourcing System, Proceedings of 3rd AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing (HCOMP 2015), Poster session, pp. 2-3, 2015.
  17. R. Yoko, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: News Curation Service using Semantic Graph Matching, Proceedings of 9th International Conference on Advances in Semantic Processing (SEMAPRO 2015), pp. 25-31, 2015.
  18. T. Kawamura, A. Ohsuga: Semantic Graph Application to Call Center for Entity-Relation Search, Proceedings of 3rd International Conference on Internet Services Technology and Information Engineering (ISTIE 2015), pp. 1-7, 2015. (Best Paper Award)
  19. Y. Ohwatari, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Estimation of Character Diagram from Open-Movie Databases for Cultural Understanding, Proceedings of 9th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2015), pp. 208-215, 2015.
  20. T. Kawamura, A. Ohsuga: Prediction of Plant Growth using Markov Logic Network, Proceedings of International Symposium on Green Computing and Information Technology (Green IT-14), 2014.
  21. S. Egami, T. Kawamura, A. Fujii, A. Ohsuga: Building of Industrial Parts LOD for EDI - A Case Study -, Proceedings of 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), pp. 146-161, 2014.
  22. R. Yoko, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: News Recommendation based on Semantic Relations between Events, Proceedings of 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), Poster & Demo session, 2014. (Best Poster & Demo Award)
  23. Y. Ohwatari, T. Kawamura, Y. Sei, Y. Tahara, A. Ohsuga: Estimation of Character Diagram from Open Movie Database using Markov Logic Network, Proceedings of 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2014), Poster & Demo session, 2014.
  24. M. Ashikawa, T. Kawamura, A. Ohsuga: Speech Synthesis Data Collection for Visually Impaired Person, Proceedings of Citizen + X: Workshop on Volunteer-based Crowdsourcing in Science, Public Health and Government (co-located with HCOMP 2014), 2014.
  25. T. Kawamura, S. Nagano, A. Ohsuga: Deployment of Semantic Analysis to Call Center, Proceedings of 13th International Semantic Web Conference (ISWC 2014), Industry Track, 2014.【採択率18%】
  26. T. Kawamura, S. Nagano, A. Ohsuga: Literal Node Matching based on Image Features toward Linked Data Integration, Proceedings of 2014 IEEE/WIC/ACM International Conference on Active Media Technology (AMT 2014), pp. 174-186, 2014.
  27. T. Kawamura, S. Nagano, A. Ohsuga: Image-inspired Approach of Literal Node Identification in Linked Open Data, Proceedings of 7th International Multi-Conference on Engineering and Technological Innovation (IMETI 2014), pp. 124-127, 2014.
  28. K. Tashiro, T. Kawamura, Y. Sei, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Refinement of Ontology-constrained Human Pose Classification, Proceedings of 8th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2014), pp. 60-67, 2014.
  29. M. Wang, T. Kawamura, Y. Sei, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Context-aware Music Recommendation with Serendipity Using Semantic Relations, Proceedings of 3rd Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2013), pp. 17-32, 2013.
  30. K. Tashiro, T. Kawamura, Y. Sei, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Classification of Idol Photograpy Based on Pose Guide Ontology, Proceedings of 3rd Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2013), Poster & Demo session, 2013. (Best Poster & Demo Award)
  31. T. Kawamura, A. Ohsuga: Query Answering using User Feedback and Context Gathering for Web of Data, Proceedings of 3rd International Conference on Advanced Communications and Computation (INFOCOMP 2013), pp. 79-86, 2013. (Best Paper Award)
  32. T. Kawamura, A. Ohsuga: Flower Voice: Virtual Assistant using LOD, Proceedings of 7th International Conference on Knowledge Capture (K-Cap 2013), pp. 125-128, 2013.
  33. T. Kawamura, A. Ohsuga: Flower Voice: Virtual Assistant using LOD, 7th International Conference on Knowledge Capture (K-Cap 2013), Poster & Demo session, 2013.
  34. T. Kawamura, A. Ohsuga: Toward an ecosystem of LOD in the field: LOD content generation and its consuming service, Proceedings of 11th International Semantic Web Conference (ISWC 2012), pp. 98-113, 2012.
  35. T. Kawamura, A. Ohsuga: A Field Application of LOD: LOD extraction from Web and LOD search by Sensor, Proceedings of 5th Linked Data Cup (co-located with I-SEMANTICS 2012), pp. 189-192, 2012.
  36. T. Takenouchi, T. Kawamura, A. Ohsuga: Hiding of User Presence for Privacy Preserving Data Mining, Proceedings of 3rd International Conference on e-Services and Knowledge Management (ESKM 2012), pp. 133-138, 2012.
  37. T. Takenouchi, T. Kawamura, A. Ohsuga: Distributed Data Federation without Disclosure of User Existence, Proceedings of 26th Annual WG 11.3 Conference on Data and Applications Security and Privacy (DBSec 12), pp. 282-297, 2012.
  38. T. M. Nguyen, T. Kawamura, Y. Tahara, A. Ohsuga: Building a Timeline Network for Evacuation in Earthquake Disaster, Proceedings of AAAI 2012 Workshop on Semantic Cities, pp. 15-20, 2012.
  39. T. Kawamura, A. Ohsuga: Green-Thumb Camera: LOD Application for Field IT, Proceedings of 9th Extended Semantic Web Conference (ESWC 2012), pp. 575-589, 2012.
  40. T. M. Nguyen, T. Kawamura, Y. Tahara, A. Ohsuga: Building a Time Series Action Network for Earthquake Disaster, Proceedings of 4th ACM International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART 2012), pp. 100-108, 2012.
  41. T. M. Nguyen, K. Koshikawa, T. Kawamura, Y. Tahara, A. Ohsuga: Building Earthquake Semantic Network by Mining Human Activity from Twitter, Proceedings of 2011 IEEE International Conference on Granular Computing (GrC 2011), pp. 496-501, 2011.
  42. I. Shizu Miyamae Iwanaga, T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Building an Earthquake Evacuation Ontology from Twitter, Proceedings of 2011 IEEE International Conference on Granular Computing (GrC 2011), pp. 306-311, 2011.
  43. T. Kawamura, A. Ohsuga: Proposal of Distributed Scheduling Heuristics using Mediation Agents, Proceedings of 2nd International Workshop on Agent Technologies for Energy Systems (ATES 2011, co-located with AAMAS 2011), pp. 7-14, 2011.
  44. S. Nagano, M. Inaba, T. Kawamura: Extracting Semantic Relations for Mining of Social Data, Proceedings of 3rd International Workshop On Social Data On The Web (SDoW 2010, co-located with ISWC 2010), 2010.
  45. T. Kawamura, I. Shin, H. Nakagawa, K. Nakayama, Y. Tahara, A. Ohsuga: ONTOMO: Web Service for Ontology Building - Evaluation of Ontology Recommendation using Named Entity Extraction, Proceedings of International Conference WWW/Internet 2010 (ICWI 2010), pp. 101-111, 2010.
  46. T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Capturing Users' Buying Activity at Akihabara Electric Town from Twitter, Proceedings of 2nd International Conference on Computational Collective Intelligence - Technologies and Applications (ICCCI-2010), pp. 163-171, 2010.
  47. H. Setoguchi, Y. Okamoto, N. Iketani, K. Cho, M. Hattori, T. Kawamura: Acceleration Noise Correction for a Transfer Inference Using Accelerometers on Mobile Devices, Proceedings of Mobile Context-Awareness: Capabilities, Challenges and Applications (co-located with Ubicomp 2010), 2010.
  48. T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Self-Supervised Mining of Human Activity from CGM, Proceedings of 11th International Workshop on Knowledge Management and Acquisition for Smart Systems and Services (PKAW, co-located with PRICAI 2010), pp. 61-72, 2010.
  49. T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Automatic Mining of Human Activity Attributes from Weblogs, Proceedings of IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS2010), pp. 633-644, 2010.
  50. T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: Automatic Mining of Human Activity and its Relationships from CGM, Proceedings of 5th International Conference on Software and Data Technologies (ICSOFT 2010), pp. 285-292, 2010.
  51. I. Shin, T. Kawamura, H. Nakagawa, K. Nakayama, Y. Tahara, A. Ohsuga: ONTOMO: Web-based Ontology Building System, Proceedings of 25th Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2010), pp. 1442-1443, 2010.
  52. T. M. Nguyen, T. Kawamura, H. Nakagawa, K. Nakayama, Y. Tahara, A. Ohsuga: Human Activity Mining using Conditional Random Fields and Self-Supervised Learning, Proceedings of 2nd Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2010), pp. 140-149, 2010.
  53. I. Shin, T. Kawamura, H. Nakagawa, K. Nakayama, Y. Tahara, A. Ohsuga: ONTOMO: Development of Ontology Building Service, Proceedings of 12th International Conference on Principles of Practice in Multi-Agent Systems (PRIMA 2009), pp. 143-158, 2009.
  54. T. Kawamura, T. M. Nguyen, A. Ohsuga: Building of Human Activity Correlation Map from Weblogs, Proceedings of 4th International Conference on Software and Data Technologies (ICSOFT 2009), pp. 346-352, 2009.
  55. S. Nagano, M. Inaba, Y. Mizoguchi, T. Iida, T. Kawamura: Ontology-based Topic Extraction Service from Weblogs, Proceedings of 2nd IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC 2008), pp. 468-475, 2008.(被引用数8)
  56. T. Kawamura, K. Umezu, A. Ohsuga: Mobile Navigation System for the Elderly - Preliminary Experiment and Evaluation, Proceedings of 5th IEEE International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC 2008), pp. 578-590, 2008.(被引用数8)
  57. M. Inaba, T. Iida, T. Yamasaki, K. Fume, Y. Mizoguchi, S. Nagano, T. Kawamura: Pattern-Based Semantic Tagging for Ontology Population, Proceedings of Workshop on Service-Oriented Computing: Agents, Semantics, and Engineering (SOCASE, co-located with AAMAS 2008), pp. 45-55, 2008.
  58. S. Nagano, M. Inaba, Y. Mizoguchi, T. Kawamura: Extraction of Topical Consumer Products from Weblogs, Proceedings of 2nd International AAAI Conference on Weblogs and Social Media (ICWSM 2008), Poster session, pp. 212-213, 2008.
  59. T. Kawamura, S. Nagano, Y. Mizoguchi, M. Inaba, T. Yamasaki, M. Okamoto: Ontology-based WOM Extraction Service from Weblogs, Proceedings of 23rd Annual ACM Symposium on Applied Computing (SAC 2008), pp. 2231-2236, 2008.
  60. Y. Mizoguchi-Shimogori, T. Nakamoto, K. Asakawa, S. Nagano, M. Inaba, T. Kawamura: TV Navigation Agent for Measuring Semantic Similarity between Documents, Proceedings of 3rd International Workshop on Agents and Web Services in Distributed Environments (AWeSOMe 07), pp. 75-84, 2007.
  61. T. Kawamura, S. Nagano, M. Inaba, Y. Mizoguchi: Mobile Service for Reputation Extraction from Weblogs - Public Experiment and Evaluation, Proceedings of Twenty-Second Conference on Artificial Intelligence (AAAI-07), pp. 1365-1370, 2007.(被引用数10)
  62. T. Kawamura, S. Nagano, M. Inaba, Y. Mizoguchi: Mobile Service for Reputation Extraction from Weblogs - Public Experiment and Evaluation, Twenty-Second Conference on Artificial Intelligence (AAAI-07), Poster session, 2007.
  63. S. Nagano, M. Inaba, Y. Mizoguchi, T. Kawamura: Associated Topic Extraction for Consumer Generated Media Analysis, Proceedings of Workshop on Service-Oriented Computing: Agents, Semantics, and Engineering (SOCASE, co-located with AAMAS 2007), pp. 107-117, 2007.
  64. Y. Mizoguchi, S. Nagano, M. Inaba, T. Kawamura: Navigation Graph for the Television Program, 6th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent systems (AAMAS 2007), Demo session, 2007.【査読なし】
  65. K. Cho, T. Kawamura: BlogAlpha: Home Automation Robot using Ontology in Home Environment, Proceedings of Artificial Intelligence and Applications (AIA 2007), pp. 197-203, 2007.
  66. T. Kawamura, S. Nagano, M. Inaba, K. Cho, Y. Mizoguchi: Mobile Service for Reputation Extraction from Weblogs - Preliminary Experiment and Evaluation, Proceedings of Web Content Mining with Human Language Technologies (co-located with ISWC 2006), pp. 1-10, 2006.
  67. T. Kawamura, S. Nagano, M. Inaba, T. Hasegawa, A. Ohsuga: Ubiquitous Metadata Scouter - Ontology brings Blogs Outside, Proceedings of 1st Asian Semantic Web Conference (ASWC 2006), pp. 752-761, 2006.
  68. T. Kawamura, S. Nagano, M. Inaba, T. Hasegawa, A. Ohsuga: Ubiquitous Metadata Scouter - Ubiquitous Information Retrieval Agent, 5th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent systems (AAMAS 2006), Demo session, 2006.【査読なし】
  69. T. Hasegawa, T. Kawamura, A. Ohsuga, M. Doi: Cooperation technology for various kinds of robots, Proceedings of Network Robot System: Toward intelligent robotic systems integrated with environments (co-located with ICRA 2006), 2006.
  70. T. Takenouchi, T. Kawamura, A. Ohsuga: Development of Knowledge-filtering Agent along with User Context in Ubiquitous Environment, Proceedings of 2nd International Symposium on Ubiquitous Intelligence and Smart Worlds (UISW 2005), pp. 71-80, 2005.
  71. T. Kawamura, K. Ueno, S. Nagano, T. Hasegawa, A. Ohsuga: Ubiquitous Service Finder - Discovery of Services semantically derived from metadata in Ubiquitous Computing, Proceedings of 4th International Semantic Web Conference (ISWC 2005), pp. 902-915, 2005.(被引用数14)
  72. T. Kawamura, A. Ohsuga, T. Terasaki: Web Services User Agent supporting interactions between mobile users and service flows, Proceedings of IEEE International Conference on Pervasive Services (ICPS 2005), pp. 381-389, 2005.
  73. H. P. Huy, T. Kawamura, T. Hasegawa: How to make Web sites talk together - Web Service Gateway Solution, Proceedings of 14th International World Wide Web Conference (WWW 2005), pp. 850-855, 2005.(被引用数10)
  74. T. Kawamura, K. Ueno, T. Hasegawa, A. Ohsuga: Ubiquitous Service Finder - Service Oriented Architecture in Ubiquitous Computing, Proceedings of Activities on Semantic Web Technologies in Japan (co-located with WWW 2005), 2005.
  75. K. Ueno, T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, M. Doi: Development of Ubiquitous and Multi-Robot Applications Using Mobile Script Technology, Proceedings of Network Robot System: Toward intelligent robotic systems integrated with environments (co-located with ICRA 2005), 2005.
  76. T. Kawamura, J. D. Blasio, T. Hasegawa, M. Paolucci, K. Sycara: Public Deployment of Semantic Service Matchmaker with UDDI Business Registry, Proceedings of 3rd International Semantic Web Conference (ISWC 2004), pp. 752-766, 2004.(被引用数62) (Best Paper Award, Honorable Mention)
  77. T. Kawamura, J. D. Blasio: Ubiquitous Service Finder - Service Oriented Architecture in Ubiquitous Computing -, 3rd International Semantic Web Conference (ISWC 2004), Demo Session, 2004. 【査読なし】
  78. J. D. Blasio, T. Kawamura, T. Hasegawa: Catalog Search Engine: Semantics applied to products search, Proceedings of 4th International Workshop on Knowledge Markup and Semantic Annotation (SemAnnot 2004), pp. 11-20, 2004.
  79. K. Ueno, T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, M. Doi: Cooperation between Robots and Ubiquitous Devices with Network Script "Flipcast", Proceedings of Network Robot System: Toward intelligent robotic systems integrated with environments (co-located with IROS 2004), 2004.
  80. H. P. Huy, T. Kawamura, T. Hasegawa: Web Services Gateway - a step forward to e-Business, Proceedings of IEEE International Conference on Web Services (ICWS 2004), pp. 648-655, 2004.(被引用数19)
  81. T. Kawamura, J. D. Blasio, T. Hasegawa, M. Paolucci, K. Sycara: Preliminary Report of Public Experiment of Semantic Service Matchmaker with UDDI Business Registry, Proceedings of First International Conference on Service Oriented Computing (ICSOC 2003), pp. 208-224, 2003. (被引用数114)
  82. H. P. Huy, T. Kawamura, T. Hasegawa: From Web Browsing to Web Service - Fertilizing Agent Environment, Proceedings of Workshop on Web-services and agent-based engineering (WSABE 2003), 2003.
  83. M. Paolucci, K. Sycara, T. Kawamura: Delivering Semantic Web Services, Proceedings of Twelfth International World Wide Web Conference (WWW 2003), pp. 111-118, 2003.(被引用数141)
  84. T. Kawamura, K. Sycara: CMU-TOSHIBA Joint Research Project - Web Service Composition and Matchmaking, First International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent systems (AAMAS 2002), Demo session, 2002.
  85. M. Paolucci, T. Kawamura, T. R. Payne, K. Sycara: Importing the Semantic Web in UDDI, Proceedings of E-Services and the Semantic Web (ESSW 2002), pp. 225-236, 2002.(被引用数521)
  86. M. Paolucci, T. Kawamura, T. R. Payne, K. Sycara: Semantic Matching of Web Services Capabilities, Proceedings of First International Semantic Web Conference (ISWC 2002), pp. 333-347, 2002.【被引用数2657】
  87. T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, J. Yamamoto: Proposal of Semantics-based Web Service Matchmaking, Proceedings of International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications 2001 (ICCIMA 01), pp. 87-92, 2001.
  88. S. Joseph, T. Kawamura: Why Autonomy Makes the Agent, Proceedings of Infrastructure for Scalable Multi-Agents Systems Workshop, 2000.
  89. T. Kawamura, S. Joseph, A. Ohsuga, S. Honiden: Quantitative Evaluation of Pairwise Interactions between Agents, Proceedings of Workshop on Software Agent and its Applications (SAA 2000), pp. 257-268, 2000.
  90. T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, S. Honiden: Rental Application to Rental Service -Development of Advanced ASP Framework-, Proceedings of Fourth IEEE International Enterprise Distributed Object Computing Conference (EDOC 2000), pp. 58-64, 2000.
  91. T. Kawamura, S. Joseph, A. Ohsuga, S. Honiden: Quantitative Evaluation of Pairwise Interactions between Agents, Joint Symposium on Agent Systems and Applications / Mobile Agents (ASA/MA 2000), pp. 192-205, 2000.(被引用数9)
  92. T. Kawamura, T. Hasegawa, A. Ohsuga, S. Honiden: Bee-gent: Bonding and Encapsulation Enhancement Agent Framework for Development of Distributed Systems, Proceedings of the 6th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 99), pp. 260-267, 1999.(被引用数60)
  93. T. Kawamura, N. Kase: Distributed Cooperative Scheduling System based on Negotiations between Scheduling Agents, 15th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 97), Demo session, 1997. 【査読なし】
 著書・編書 ^
  1. Proceedings of the ISWC 2016 Posters & Demonstrations Track, CEUR-WS.org, Vol. ???, Volume Editors, 2016.(編書)
  2. 18章 知識工学とセマンティックテクノロジー, 人工知能学事典,共立出版,2016.(分担執筆)(to appear)
  3. 5章 Webエージェント, マルチエージェントによる自律ソフトウェア設計・開発,オーム社,2015.(分担執筆)(to appear)
  4. 6.6 インターネットロボット, 電子情報通信学会「知識ベース」,オーム社, (分担執筆)(to appear)
  5. Toward Information Sharing of Natural Disaster: Proposal of Timeline Action Network, Agents and Artificial Intelligence, Springer, ISBN:978-3642369063, pp. 145-157, 2013.(分担執筆)
  6. Acceleration Noise Correction for a Transfer Inference Using Accelerometers on Mobile Devices, Mobile Context Awareness, Springer, ISBN:978-0-85729-624-5, pp. 77-86, 2012.(分担執筆)
  7. 2章 ビジネスに使えるオントロジー関連ツール, オントロジーの普及と応用,オーム社, ISBN:978-4-274-21199-7, 2012.(分担執筆)
  8. 11.3 ロボットサービス, ロボット情報学ハンドブック,ナノオプトニクスエナジー,ISBN:978-4764955073, 2010.(分担執筆)
  9. New Frontiers In Artificial Intelligence, JSAI 2008 Conference and Workshops, LNAI, Springer, Volume Editors, 2009.(編書)
  10. New Frontiers In Artificial Intelligence, JSAI 2007 Conference and Workshops, LNAI, Springer, Volume Editors, 2008.(編書)
  11. 6.9 セマンティックWebサービス, セマンティックWeb入門, オーム社, ISBN:978-4274079795, 2004.(分担執筆)
  12. Chapter 1. Why Autonomy Makes the Agent, AGENT ENGINEERING, World Scientific Publishing (eds. J. Liu, N. Zhong, Y. Tang, P. Wang), ISBN:981-02-4558-0, pp. 7-28, 2001.(分担執筆)(被引用数14)
 解説・総説 ^
  1. 川村 隆浩,渡邊 勝太郎,松邑 勝治,櫛田 達矢,古崎晃司: JST科学技術用語シソーラスのLinked Data化, 情報管理,Vol. 59, No.12, pp. 839-848, 2017.
  2. 古崎 晃司,川村 隆浩: 会議報告The 14th International Semantic Web Conference (ISWC2015), 人工知能学会誌,Vol. 31, No. 2, 2015.
  3. 川村 隆浩, 森田 武史,福田 直樹: Linked Dataとセマンティック技術の海外動向, 人工知能学会誌「Linked Open Data」特集,Vol. 30, No. 5, 2015.
  4. 川村 隆浩, 長野 伸一: ビジネスに使えるオントロジー関連ツール −最新概況−, 人工知能学会誌「オントロジーの進化と普及」特集,Vol. 25, No. 3, 2010.
  5. 川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦: ユビキタスコンピューティングにおけるセマンティクス活用事例, 経営情報フォーラム「セマンティックWeb」連載第3回, 経営情報学会誌,Vol. 14, No. 3, 2005.
  6. 川村 隆浩: セマンティックWebサービスのファーストステップ−サービスの検索, 人工知能学会誌「セマンティックWebサービス」特集,Vol. 20, No. 6, 2005.
  7. 赤埴 淳一, 和泉 憲明, 川村 隆浩, 武田 英明: 会議報告:第2回セマンティックWeb国際会議, 人工知能学会論文誌, Vol. 19, No. 3, 2004.
 招待講演 ^
  1. 川村隆浩,長野伸一,大須賀昭彦: LODの画像的特徴に基づくLiteral 値名寄せ手法の提案, 人工知能学会合同研究2014, 2014. 【研究会優秀論文賞特別講演】
  2. 川村 隆浩: 欧米におけるセマンティック技術の適用動向, セマンティックWebコンファレンス2013予稿集, 2013.
  3. 川村 隆浩,他: オープンデータ社会とセマンティックWeb, セマンティックWebコンファレンス2013,パネルディスカッション,2013.
  4. 川村 隆浩,他: 企業と研究者を繋ぐ, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2012), パネルディスカッション,2012.
  5. 川村 隆浩,沈 偉,大須賀 昭彦: オントロジーWikiサイトの構築, セマンティックWebコンファレンス2008予稿集,2008.
  6. 川村 隆浩, 長野 伸一, 稲葉 真純: オントロジーを用いたブログからのクチコミ情報抽出サービス, 身近なところで役に立ち始めたセマンティックWeb, 電子情報通信学会 2007年総合大会講演集,2007.
  7. T. Kawamura: Service Discovery in Ubiquitous Computing, Proceedings of Service Discovery on the WWW Workshop (sdisco'06), 2006. 【Keynote Speech】
  8. 川村 隆浩: 製造業とセマンティックWeb, 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)第3回ソフトウェア未来技術研究会,2006.
  9. T. Kawamura: Ubiquitous Metadata Scouter, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A503-02, 2006.
  10. 川村 隆浩,他: Semantic Web Services: Past, Present, and Future, セマンティックWebコンファレンス2006,パネルディスカッション,2006.
  11. 川村 隆浩,長野 伸一,稲葉 真純,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦: ユビdeコミミハサンダー, セマンティックWebコンファレンス2006予稿集,2006.
  12. 川村 隆浩: Semantic Web / Web Serviceのビジネス展開, XML関連技術の最新動向 -Semantic Webを中心に-, 電気四学会関西支部 専門講習会資料,2006.
  13. 川村 隆浩: ユビキタス環境におけるセマンティクス活用事例の紹介, 電子情報通信学会第4回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2006-??, 2006.
  14. 川村 隆浩: Ubiquitous Service Finder - Discovery of Services semantically derived from metadata in Ubiquitous Computing, Web Semantics研究会 第13回研究会講演資料,2005.
  15. 川村 隆浩: Ubiquitous Service Finder−ユビキタスコンピューティングにおけるセマンティクス活用−, 人工知能学会第20回AIシンポジウム「実用化に向けて動き始めたセマンティックWeb」講演予稿集,2005.
  16. 川村 隆浩,上野 晃嗣,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦: Ubiquitous Service Finder−ユビキタス環境におけるユーザ中心のサービス指向コンピューティング−, セマンティックWebコンファレンス2005予稿集,2005.
  17. 川村 隆浩,板生 知子,津田 雅之,青山 幹雄: 第1回サービス指向コンピューティング国際会議(ICSOC2003)報告 情報処理学会ソフトウェア工学研究会(SIGSE), 情報処理学会研究報告,Vol. 2004, No. 87, 2004.
  18. 赤埴 淳一, 和泉 憲明, 川村 隆浩, 武田 英明: ISWC2003に見るセマンティックWeb研究動向, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A302-10, 2003.
  19. 川村 隆浩, 島谷 明: ビジネスのマッチメイキングを実現するUDDIとWebサービス高度検索エンジン, NTTコミュニケーションズフォーラム2003講演資料,2003.
  20. 川村 隆浩: XML Webサービスマッチメーカー, Webサービスシンポジウム2003(WebSS 2003)講演資料, 2003.
  21. 川村 隆浩: XML Webサービスマッチメーカー, (社)情報サービス産業協会Webサービス調査委員会講演資料, 2002.
 国内学会発表 ^
  1. 江上 周作,川村 隆浩,古崎 晃司,大須賀昭彦: 社会課題における因果関係を表すLinked Dataの半自動的な構築手法の提案, 第31回人工知能学会全国大会,1N3-OS-39b-4,2017.
  2. 江上 周作,川村 隆浩,古崎 晃司,大須賀昭彦: 放置自転車問題における因果関係を含むLODの半自動的な構築手法の提案, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-041-10, 2017.
  3. 江上 周作,川村 隆浩: 国際会議ISWC2016参加報告, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, 2016.
  4. 渡邊 勝太郎,川村 隆浩,松本 尚也,徳永 望人,杉村 晴香,二川 司,藤沢 仁子,松邑 勝治,黒沢 努: たけとり:次世代研究者エビデンス収集・分析システムの開発, 第13回情報プロフェッショナルシンポジウム(INFOPRO2016)予稿集,2016.【査読あり】
  5. 櫛田 達矢,建石 由佳,増田 壮志,渡邊 勝太郎,松邑 勝治,川村 隆浩,古崎晃司: STシソーラスの洗練化とライフサイエンス研究における有効性の検討, トーゴーの日シンポジウム2016予稿集,2016.
  6. 上原 有里,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: Linked Dataによる楽曲特徴量の収集・分析基盤の構築, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2016)論文集, 2016.【査読あり】
  7. 江上 周作,川村 隆浩,大須賀昭彦: 放置自転車LODの拡充に向けた空間的欠損値推定手法の提案, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-039-06, 2016.
  8. 上原 有里,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: 音楽情報処理のためのLinked Data収集・分析基盤の構築, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-039-08, 2016.
  9. 川村 隆浩,古崎 晃司,櫛田 達矢,渡邊 勝太郎,木村 考宏,松邑 勝治: 単語意味ベクトルを用いた大規模論文抄録データからの科学技術用語シソーラス拡充手法の検討, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-038-01, 2016.
  10. 江上 周作, 川村 隆浩, 清 雄一, 田原 康之,大須賀 昭彦: 放置自転車問題解決に向けた循環型LOD構築システムの提案, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-038-08, 2016.
  11. 飯島 照之,川村 隆浩, 清 雄一, 田原 康之,大須賀 昭彦: Linked Dataセットに基づく日本酒-ワイン間の関連性抽出の試み, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-038-11, 2016.
  12. 川村 隆浩,古崎 晃司,櫛田 達矢,渡邊 勝太郎,松邑 勝治: 単語の分散表現を用いた論文抄録データからの科学技術用語シソーラス拡充手法の提案, 情報知識学会誌(第24回年次大会予稿),Vol. 26, No. 2, pp.102-109, 2016.
  13. 川村 隆浩: 国際会議ISWC2015参加報告, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO),人工知能学会研究会資料, 2015.
  14. 渡邊 勝太郎,木村 考宏,川村 隆浩,松本 尚也,佐藤 智宣,櫛田 達矢,松邑 勝治: J-GLOBAL knowledge:JST情報資産のRDF化および分析基盤の構築, 第12回情報プロフェッショナルシンポジウム(INFOPRO2015)予稿集,2015.【査読あり】
  15. 江上 周作, 川村 隆浩, 清 雄一, 田原 康之,大須賀 昭彦: 社会課題解決に向けた循環型オープンデータ構築システムの提案, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2015)論文集, 2015.【査読あり】
  16. 飯島 照之,川村 隆浩, 清 雄一, 田原 康之,大須賀 昭彦: Linked Data を用いた日本酒選定支援エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2015)論文集, 2015.【査読あり】
  17. 木村 考宏, 川村 隆浩, 渡邊 勝太郎, 松本 尚也, 佐藤 智宣, 櫛田 達矢, 松邑 勝治: J-GLOBAL knowledge: 大規模科学技術情報に関するLinked Open Dataの構築, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1303-07, 2015.
  18. 川村 隆浩,森田 武史,福田 直樹: 国際会議ISWC2014参加報告, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-035-11, 2015.
  19. 芦川 将之,川村 隆浩,大須賀 昭彦: クラウドソーシングワーカーの段階的育成方法の提案, 第29回人工知能学会全国大会,3K3-OS-20a-2,2015.
  20. 大須賀 昭彦,田原 康之,川村 隆浩,清 雄一,中川 博之,吉岡 信和,松本 一教,一色 正男: ミニブログを利用した避難行動推薦(1)システム概要, 電子情報通信学会総合大会講演要旨,D-9-24,2015.
  21. 田原 康之,大須賀 昭彦,川村 隆浩,清 雄一,中川 博之,吉岡 信和,松本 一教,一色 正男: ミニブログを利用した避難行動推薦(2)自己適応システム技術の適用, 電子情報通信学会総合大会講演要旨,D-9-25,2015.
  22. 清 雄一,大須賀 昭彦,田原 康之,川村 隆浩,中川 博之,吉岡 信和,松本 一教,一色 正男: ミニブログを利用した避難行動推薦(3)プライバシ保護データマイニングの適用, 電子情報通信学会総合大会講演要旨,D-9-26,2015.
  23. 川村 隆浩,長野 伸一,大須賀 昭彦: LODの画像的特徴に基づくLiteral値名寄せ手法の提案, 人工知能学会合同研究会 2013年度研究会優秀賞記念講演集,pp.18-24, 2014.
  24. 江上 周作,川村 隆浩,藤井 章博,大須賀 昭彦: BOMエージェントの実現に向けたLODの構築, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2014)論文集, 2014.【査読あり】
  25. 大渡 裕太,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: Markov Logic Networkを用いた映画脚本データベースからの人物関係推定エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2014)論文集, 2014.【査読あり】
  26. 横尾 亮平,川村 隆浩,清 雄一,田原 康之,大須賀 昭彦: 語句間の意味的リレーションに基づくキュレーションエージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2014)論文集, 2014.【査読あり】
  27. 川村 隆浩,長野 伸一,大須賀 昭彦: LODの画像的特徴に基づくLiteral値名寄せ手法の提案, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1303-07, 2014.【研究会優秀論文賞】
  28. 芦川 将之,川村 隆浩,大須賀 昭彦: プライベートクラウドソーシングにおける精度向上手法, 第28回人工知能学会全国大会,1J5-OS-18b-4,2014.
  29. 長野 伸一,川村 隆浩,小林 巌生,杉浦 裕樹: 地域メディア情報を活用したLinked Data サービスの試作評価, 第28回人工知能学会全国大会,1G5-OS-19b-2,2014.
  30. 田代 和浩,川村 隆浩,清 雄一,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: Pose Guide Ontology を用いたアイドル画像のポーズ分類 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1302-09, 2013.
  31. M. Wang, T. Kawamura, Y. Sei, H. Nakagawa, Y. Tahara, A. Ohsuga: A Context-Based Music Recommendation System Using `renso' Relation among Linked Data, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2013)論文集, 2013.【査読あり】
  32. 田代 和浩,川村 隆浩,清 雄一,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: Human Pose Guide Ontologyを用いた静止画像内人物のポーズ分類, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2013)論文集, 2013.【査読あり】
  33. 長野 伸一,川村 隆浩,小林 巌生: 地域メディア情報を活用したLinked Dataサービスの検討と課題, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1301-04,2013.
  34. 川村 隆浩,大須賀 昭彦: 花之声:オープンデータを用いたユーザ参加型音声アシスタントの開発, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1203-08, 2013.
  35. 田代 和浩,王 冕,越川 兼地,西村 悟史,森田 武史,長野 伸一,清 雄一,中川 博之,田原 康之,川村 隆浩,大須賀 昭彦: Linked Data を用いたソーシャルメディア×マスメディアの比較実験, 第27回人工知能学会全国大会,2N1-OS-10d-3,2013.
  36. 越川 兼地,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: CRFを用いたメディア情報の抽出とLinkedData化-ソーシャルメディアとマスメディアの比較事例-, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2012)論文集, 2012.【査読あり】
  37. 竹之内 隆夫,川村 隆浩,大須賀 昭彦: ユーザ存在/不在確率の範囲を限定した分散匿名化手法と医療データによる評価, コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS 2012)論文集, 2012.
  38. 竹之内 隆夫,川村 隆浩,大須賀 昭彦: プライバシ保護データマイニングのための分散匿名化プロトコルの提案, 第26回人工知能学会全国大会,3I2-OS-20-6,2012.
  39. 川村 隆浩,大須賀 昭彦: 花咲かめら:フィールドでのLOD活用事例, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1103-04, 2011.
  40. 全 泰賢,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 服飾オントロジーを用いたECサイトにおけるユーザデザイン嗜好の推定と評価, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A1103-08, 2011.
  41. 竹之内 隆夫,伊東 直子,川村 隆浩,大須賀 昭彦: クラウド上での事業者間データ連携のための分散型パーソナル情報保護エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2011)論文集, 2011.【査読あり】
  42. 全 泰賢,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 服飾系ECサイトにおける商品閲覧履歴に基づいたデザイン嗜好の推定と商品検索システムの提案, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2011)論文集, 2011.【査読あり】
  43. ミヤマエ イワナガ イサベル シズ,グェン ミンテイ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(1)‐避難計画オントロジーの設計, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2011)論文集, 2011.【査読あり】
  44. グェン ミンティ,越川 兼地,川村 隆浩,田原 康之,大須賀 昭彦: 震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(2)‐時系列避難行動ネットワークの構築, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2011)論文集, 2011.【査読あり】
  45. 伊藤 雅博,グェン ミンテイ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 震災時の効率的な避難のための行動推薦エージェントReady for 87%の提案(3)‐行動ネットワークを用いた避難行動の推薦, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2011)論文集, 2011.【査読あり】
  46. グェン ミン テイ,伊藤雅博,川村 隆浩,田原 康之,大須賀昭彦: Webからの実世界行動抽出による意味ネットワーク構築手法の提案, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)「Webインテリジェンス」および一般, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2011-8, pp. 39-44, 2011.
  47. 瀬戸口 久雄,岡本 雄三,長 健太,川村 隆浩: ユーザ属性に応じた生活支援情報提示を行うエージェントシステム, インタラクション2011論文集,2011.【査読あり】
  48. 三代 謙仁,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: スマートフォン向け植物推薦サービスGreen-Thumb Phoneの開発 - モバイルセンサーと拡張現実を用いた植栽環境との調和性推定, インタラクション2011論文集,2011.【査読あり】
  49. ワ コラ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: インタラクション・シーケンスに着目したユーザの商品検索の目的の抽出に関する検討と実装, インタラクション2011論文集,2011.【査読あり】
  50. 岡本 昌之,渡辺 奈夕子,長野 伸一,長 健太,川村 隆浩: オフィスワーク向けライフログ生成のための センサデータと操作履歴からのキーワード抽出, 第25回人工知能学会全国大会,2F2-2in,2011.
  51. 佐々木 健太,長野 伸一,長 健太,川村 隆浩: Web上のライフストリームからのユーザ行動情報の抽出, 第25回人工知能学会全国大会,3F3-4in,2011.
  52. 長野 伸一,佐々木 健太,上野 晃嗣,長 健太,川村 隆浩: Web上のライフストリームの構造化に関する考察, 第25回人工知能学会全国大会,3E3-OS20-1in,2011.
  53. 三代 謙仁,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: 携帯端末上での拡張現実を用いた植物推薦エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2010)論文集, 2010.【査読あり】
  54. 長 健太,岡本 雄三,瀬戸口 久雄,川村 隆浩: センサを用いてユーザの移動を予測する交通利用支援エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2010)論文集, 2010.【査読あり】
  55. 長野 伸一,稲葉 真純,川村 隆浩: 専門用語抽出を利用した文書からの意味関係抽出, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)「Webインテリジェンス」および一般, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2010-2, pp. 7-11, 2010.
  56. グェン ミン テイ,川村 隆浩,田原 康之,大須賀昭彦: Twitterからの人間行動属性の自動抽出, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)「Webインテリジェンス」および一般, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2010-4,pp. 19-23,2010.
  57. グェン ミン テイ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: Webからの自己教師あり学習を用いた人間行動マイニング, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)「グリーンAI」および一般, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2009-22, 2010.
  58. グェン ミン テイ,川村 隆浩,中川 博之,田原 康之,大須賀 昭彦: CGMからの自己教師あり学習と条件付確率場を用いた人間行動マイニング, 第24回人工知能学会全国大会,1D1-3,2010.
  59. 沈 偉,川村 隆浩,中川 博之,中山 健,田原 康之,大須賀 昭彦: オントロジー構築サービスONTOMO の開発−固有名詞抽出によるインスタンスとプロパティ自動推薦エージェントの評価, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2009)論文集, 2009.【査読あり】
  60. グェン ミンティ,川村 隆浩,中川 博之,中山 健,田原 康之,大須賀 昭彦: 条件付確率場と自己教師あり学習を用いた行動属性の自動抽出と評価, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2009)論文集, 2009.【査読あり】
  61. 沈 偉,川村 隆浩,中川 博之,中山 健,田原 康之,大須賀 昭彦: オントロジー構築サービスONTOMOの開発 〜インスタンス自動推薦の試作と評価〜, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)企業・学生交流セッション「企業のAI・大学のAI」 , 電子情報通信学会技術研究報告, AI2008-43, 2009.
  62. 沈 偉,川村 隆浩,中川 博之,中山 健,田原 康之,大須賀 昭彦: オントロジー構築サービスONTOMOの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2008)論文集, 2008.【査読あり】
  63. 稲葉 真純, 長野 伸一, 川村 隆浩, 服部 正典: オントロジー拡充のための固有表現の共起情報を用いた語彙獲得, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SW4O-A801-04, 2008.
  64. 飯田 貴之, 長野 伸一, 山崎 智弘, 服部 正典, 川村 隆浩: 評判分析のための感性表現オントロジーメンテナンスツールの開発, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A801-05, 2008.
  65. 沈 偉,川村 隆浩,大須賀 昭彦: オントロジーWikiサイトの構築 −集合知としてのオントロジー構築を目指して−, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)Webインテリジェンス特集, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2008-2, 2008.
  66. 長野 伸一, 飯田 貴之, 稲葉 真純, 溝口 祐美子, 川村 隆浩: オントロジを利用したCGM分析サービス, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)Webインテリジェンス特集, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2008-11, 2008.
  67. 溝口 祐美子, 長野 伸一, 稲葉 真純, 飯田 貴之, 川村 隆浩: オントロジーを用いた文書間類似度計算手法, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)Webインテリジェンス特集, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2008-15, 2008.
  68. 稲葉 真純,飯田 貴之,山崎 智弘,布目 光生,溝口 祐美子,長野 伸一,川村 隆浩: オントロジーメンテナンスのための固有名詞抽出技術の検討, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI)Webインテリジェンス特集, 電子情報通信学会技術研究報告, AI2007-42, 2008.
  69. 川村 隆浩,山崎 智弘,長野 伸一,溝口 祐美子,飯田 貴之: CGMからのユーザ行動マイニングの提案, 第22回人工知能学会全国大会,3G2-3,2008.
  70. 長野 伸一,稲葉 真純,溝口 祐美子,川村 隆浩: 商品評判ブログからの連想トピック抽出, 電子情報通信学会第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2007-??, 2007.
  71. 山崎 智弘,真鍋 俊彦,川村 隆浩: 話題抽出エージェントを用いた番組検索システムの実装, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2007)論文集, 2007.【査読あり】
  72. 梅津 圭介,小林 良岳,中山 健,川村 隆浩,大須賀 昭彦: 携帯電話を用いた高齢者向け外出支援システム - ここバリアの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2007)論文集, 2007.【査読あり】
  73. 矢部 走,小林 良岳,中山 健,川村 隆浩,大須賀 昭彦: 文書構造化を用いたWebページからのRSS自動生成システム-まるっとRSS, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2007)論文集, 2007.【査読あり】
  74. 稲葉 真純, 長野 伸一, 佐々木 寛, 山崎 智弘, 溝口 祐美子, 川村 隆浩: 固有名詞抽出技術を用いたオントロジー・メンテナンスツールの設計, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A701-06, 2007.
  75. 長 健太,溝口 祐美子,長野 伸一,稲葉 真純,川村 隆浩: 生活オントロジとブログインタフェースを備えたホームロボット, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会(ROBOMEC)2007講演集,2007.
  76. 稲葉 真純, 長野 伸一, 長 健太, 溝口 祐美子, 川村 隆浩: CGM分析技術の現状と課題 - メタデータ,オントロジーの応用可能性について -, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A603-06, 2007.
  77. 溝口 祐美子,長野 伸一,稲葉 真純,川村 隆浩,中本 利明,浅川 一満: オントロジーを用いたTV番組グラフ作成システム, 電子情報通信学会第8回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2007-??, 2007.
  78. 川村 隆浩,長野 伸一,稲葉 真純,溝口 祐美子,長 健太: オントロジーを用いたWeb からの評判情報抽出サービス, 第21回人工知能学会全国大会,1D1-3,2007.
  79. 長 健太, 川村 隆浩: ブログアルファ: 生活オントロジを用いた留守番ロボット, 人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会(SIG-SWO), 人工知能学会研究会資料, SIG-SWO-A602-02, 2006.
  80. 神谷 友輔,川村 隆浩,大須賀 昭彦,前川 守: ネットワークコミュニケーションの円滑化を目的としたSNSからの人物分析, 電子情報通信学会第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2006-??, 2006.
  81. 神谷 友輔,川村 隆浩,大須賀 昭彦,前川 守: ネットワークコミュニケーションの円滑化を目的としたSNSからの人物分析−ネ己分析エージェントの開発と評価−, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2006)論文集, 2006.【査読あり】
  82. 稲葉 真純,長野 伸一,川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀昭彦: ユビdeコミミハサンダー, 第20回人工知能学会全国大会,3G2-4,2006.
  83. 出口 貴博,小嶋 希実子,川村 隆浩,大須賀 昭彦,前川 守: 時系列的アノテーションに基づく楽曲推薦エージェント, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2005)論文集, 2005.【査読あり】
  84. 小嶋 希実子,出口 貴博,大須賀 昭彦,川村 隆浩,前川 守: rendezvous concierge;待ち合わせサービスエージェントの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2005)論文集, 2005.【査読あり】
  85. 長谷川 哲夫,川村 隆浩,上野 晃嗣,大須賀 昭彦,土井美和子: ネットワークロボットの実現に向けて−ビジブルロボットとバーチャルロボットの連携技術の検討−, 電子情報通信学会ネットワーク・ロボット研究会(NR-TG), 電子情報通信学会技術研究報告, 2005.
  86. 竹之内 隆夫, 岡本 直之, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: ユビキタス環境において動的なコンテキストに追従して知識情報をフィルタリングする推論エージェントの開発, 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI), 情報処理学会研究報告,No. 2005-UBI-007, 2005.
  87. 岡本 直之, 竹之内 隆夫, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: 放送番組に対してパブリックオピニオン・メタデータを生成する視聴支援エージェントの開発, 電子情報通信学会第2回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(WI2), 電子情報通信学会技術研究報告, WI2-2005-23, 2005.
  88. 竹之内 隆夫, 岡本 直之, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: ユビキタス環境における過渡的な知識を考慮した意思決定支援エージェントの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2004)論文集, 2004.【査読あり】
  89. 岡本 直之, 竹之内 隆夫, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: 仮想パブリックビューイングを実現する視聴支援エージェントの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2004)論文集, 2004.【査読あり】
  90. 川村 隆浩,Jacques-Albert De Blasio,長谷川哲夫,大須賀 昭彦,Massimo Paolucci,Katia Sycara: セマンティックWeb サービスマッチメーカーの公開実験に基づく評価, 情報処理学会ソフトウェアジャパン2004論文集,2004.【査読あり】
  91. 中井戸 健至, 寺崎 達也, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: エンタープライズ向けエージェントアプリケーション基盤の構築, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会(AI), 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 103, No. 623, 2004.
  92. 川村 隆浩, 寺崎 達也, 大須賀 昭彦, 前川 守: ユビキタスデバイスからのWebサービス利用を支援するWebサービスプロキシエージェント, 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会(UBI), 情報処理学会研究報告,No. 2003-UBI-002, 2003.
  93. 寺崎 達也, 中井戸 健至, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: ユビキタス環境とWeb サービスを仲介するインテリジェントエージェントの開発, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2003)論文集, 2003.【査読あり】
  94. 中井戸 健至, 寺崎 達也, 川村 隆浩, 大須賀 昭彦, 前川 守: エンタープライズ向けエージェントアプリケーション基盤の構築, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS 2003)論文集, 2003.【査読あり】
  95. 上野 晃嗣, 釜洞 健太郎, 川村 隆浩, 長谷川 哲夫: ネットワークスクリプト“Flipcast”による携帯電話と家庭環境の連携, マルチメディア・分散・協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2003)論文集, 2003.【査読あり】
  96. 上野 晃嗣, 釜洞 健太郎, 川村 隆浩, 長谷川 哲夫, 大須賀 昭彦, 本位田 真一: 携帯電話上で記述・即時動作可能なネットワークスクリプトの開発, オブジェクト指向シンポジウム(OO 2002)論文集, 2002.オブジェクト指向シンポジウム【査読あり】
  97. 川村 隆浩, 長野 伸一, 大須賀 昭彦, 本位田 真一: エージェントのメンタルモデルを利用したマルチエージェントシステムの効率的な高信頼化手法の提案, 電子情報通信学会ソフトウェアエージェントとその応用特集ワークショップ論文集, pp. 107-116, 2000.【査読あり】
  98. 川村 隆浩: FIPA会合報告, インテリジェントエージェント研究会,1998-2000.
  99. 吉岡 信和,川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦: マルチエージェントフレームワークBee-gentによるWeb検索システムの開発, 第60回情報処理学会全国大会, pp.3-251-252, 2000.
  100. 川村 隆浩: TC-E(Nomadic Application Support)報告, インテリジェントエージェント研究会FIPA99報告会,1999.
  101. 川村 隆浩, 吉岡 信和, 長谷川 哲夫, 大須賀昭彦, 本位田真一: マルチエージェントフレームワークBee-gentを用いた分散システムにおけるデザインパラダイムの分類と評価, 第2回インターネットテクノロジーワークショップ(WIT'99)論文集, ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ,No. 13, ISSN 1341-870X, 1999.
  102. 川村 隆浩, 吉岡 信和, 長谷川 哲夫, 大須賀 昭彦, 本位田真一: マルチエージェントフレームワークBee-gentを用いた分散システムにおけるデザインパラダイムの分類と評価, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会エージェント特集, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 99, No. 290, pp. 71-78, 1999.
  103. 田原 康之,長野 伸一,吉岡 信和,川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦,本位田 真一: マルチエージェントフレームワークBee-gentのためのビジュアル開発支援ツール, 第59回情報処理学会全国大会, pp.1-253-254, 1999.
  104. 吉岡 信和,川村 隆浩,長谷川 哲夫,大須賀 昭彦,春木 和仁: マルチエージェントフレームワークBee-gentによる環境調和型製品設計支援システムの開発, 第59回情報処理学会全国大会, pp.3-297-298, 1999.
  105. 川村 隆浩, 田原 康之, 長谷川 哲夫, 大須賀 昭彦, 本位田真一: 既存システムの柔軟な結合を可能にするエージェントフレームワークBee-gentの提案, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会エージェント特集, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 98, No. 436, pp. 55-62, 1998.
  106. 川村 隆浩, 加瀬 直樹, 長谷川 哲夫, 大須賀 昭彦, 本位田真一: モバイルエージェントを用いた分散制約充足問題へのアプローチ, 電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会, 電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 98, No. 58, pp. 15-22, 1998.
  107. 田中 利一, 川村 隆浩, 加瀬 直樹: スケジューリングエージェント間の調整交渉に基づく分散協調型スケジューリングシステム, 人工知能学会他共催, 生産スケジューリング・シンポジウム'97論文集, pp. 229-232, 1997.
  108. 川村 隆浩, 加瀬 直樹, 荒木 大, 大須賀 昭彦: スケジューリングエージェント間の調整交渉に基づく分散協調型スケジューリングシステムの開発, 電子情報通信学会ソフトウェアエージェントとその応用特集シンポジウム論文集, pp. 126-137, 1997.【査読あり】
  109. 川村 隆浩, 加瀬 直樹: マルチエージェントシステムにおける動的な組織構造変更方式, 第5回マルチエージェントと協調計算ワークショップ(MACC'95)論文集, ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ No. 1 ISSN 1341-870X, 1995.【査読あり】
 登録特許 ^
  1. 発明の名称:次検索キーワード提示装置、次検索キーワード提示方法、及び次検索キーワード提示プログラム, 登録番号:P5355949,登録日:20130906
  2. 発明の名称:情報処理装置及び情報処理方法, 登録番号:P5341366,登録日:20130816
  3. 発明名称:ナビゲーシヨン装置、方法及びプログラム, 登録番号:P5198531,登録日:20130215
  4. 発明名称:行動履歴検索装置, 登録番号:P5185358,登録日:20130125
  5. 発明名称:表示データ生成装置及び方法, 登録番号:P5178233,登録日:20130118
  6. 発明名称:データ作成装置及び方法, 登録番号:P5150341,登録日:20121207
  7. 発明の名称:コンテンツのシーン出現を通知する装置、方法およびプログラム, 登録番号:P5135024,登録日:20121116
  8. 発明名称:構造化文書抽出装置、構造化文書抽出方法および構造化文書抽出プログラム, 登録番号:P4542993,登録日:20100702
  9. 発明名称:メタデータ検索装置、メタデータ検索方法およびメタデータ検索プログラム, 登録番号:P4468309,登録日:20100305
  10. 発明名称:意味解析装置、意味解析方法および意味解析プログラム, 登録番号:P4427500,登録日:20091218
  11. 発明名称:クライアント装置、ソフトウエアストリーミング方法及びプログラム, 登録番号:P4343196,登録日:20090717
  12. 発明名称:サービス検索装置とその方法、プログラム, 登録番号:P4282549,登録日:20090327
  13. 発明名称:情報処理装置、情報処理方法及び情報処理用ソフトウエアを記録した記録媒体, 登録番号:P4240601,登録日:20090109
  14. 発明名称:サーバ・システム、クライアント・システム、ソフトウエアストリーミング方法及びプログラム, 登録番号:P4222590,登録日:20081128
  15. 発明名称:プログラム作成支援装置および方法、プログラム作成支援プログラムを記録した媒体, 登録番号:P4057766,登録日:20071221
  16. 発明名称:コンピユータ装置、エージエントの実行継続方法、アクセス制限保証方法、および、プログラム, 登録番号:P3998604,登録日:20070817
  17. 発明名称:情報処理システム及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した記録媒体, 登録番号:P3943710,登録日:20070413
  18. 発明名称:携帯型電話機、サーバ、情報処理方法及び情報処理用ソフトウエアを記録した記録媒体, 登録番号:P3868681,登録日:20061020
  19. 発明名称:サービス検索装置およびサービス検索方法, 登録番号:P3842768,登録日:20060818
  20. 発明名称:推論装置、システム及び方法並びに推論用ソフトウエアを記録した記録媒体, 登録番号:P3797862,登録日:20060428
  21. 発明名称:協調型推論装置, 登録番号:P3775757,登録日:20060303
  22. 発明名称:協調型推論装置, 登録番号:P3699744,登録日:20050715
  23. 発明名称:エージェントシステム、情報処理方法及び情報処理用ソフトウェアを記録した記録媒体, 登録番号:P3688471,登録日:20050617
  24. 発明名称:情報処理装置及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した記録媒体, 登録番号:P3688462,登録日:20050617
  25. 発明名称:協調推論装置及び協調推論方法, 登録番号:P3638391,登録日:20050121
  26. 発明の名称:表示データ生成装置及び方法, 登録日:20150922,外国登録NO:9141729,出願国・地域:アメリカ合衆国
  27. 発明の名称:行動履歴検索装置, 登録日:20131203,外国登録NO:8600918,出願国・地域:アメリカ合衆国
  28. 発明の名称:データ作成装置及び方法, 登録日:20131119,外国登録NO:8589390,出願国・地域:アメリカ合衆国
  29. 発明名称:次検索キーワード提示装置、次検索キーワード提示方法、及び次検索キーワード提示プログラム, 登録日:20120724,外国登録NO:8229949,出願国・地域:アメリカ合衆国
  30. 発明名称:コンテンツのシーン出現を通知する装置、方法およびプログラム, 登録日:20120703,外国登録NO:8214368,出願国・地域:アメリカ合衆国
  31. 発明名称:データ作成装置及び方法, 登録日:20111108,外国登録NO:8055658,出願国・地域:アメリカ合衆国
  32. 発明名称:インスタンス選択装置、インスタンス選択方法及びインスタンス選択プログラム, 登録日:20111011,外国登録NO:8037403,出願国・地域:アメリカ合衆国
  33. 発明名称:意味解析装置、意味解析方法および意味解析プログラム, 登録日:20110531,外国登録NO:7953592,出願国・地域:アメリカ合衆国
  34. 発明名称:サービス検索装置およびサービス検索方法, 登録日:20090217,外国登録NO:7493364,出願国・地域:アメリカ合衆国
  35. 発明名称:サービス検索装置およびサービス検索方法, 登録日:20080130,外国登録NO:Z041057889.3,出願国・地域:中華人民共和国
  36. 発明名称:情報処理システム及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した媒体, 登録日:20060321,外国登録NO:7016934,出願国・地域:アメリカ合衆国
  37. 発明名称:情報処理システム及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した媒体, 登録日:20030304,外国登録NO:6529934,出願国・地域:アメリカ合衆国
  38. 発明名称:情報処理装置及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した記録媒体, 登録日:20031209,外国登録NO:6662207,出願国・地域:アメリカ合衆国
  39. 発明名称:情報処理装置及び方法並びに情報処理用プログラムを記録した記録媒体, 登録日:20021105,外国登録NO:6477563,出願国・地域:アメリカ合衆国
  40. 発明名称:協調型推論装置及び協調型推論方法, 登録日:20010130,外国登録NO:6182055,出願国・地域:アメリカ合衆国
  41. 発明名称:協調型推論装置, 登録日:19990330,外国登録NO:5890145,出願国・地域:アメリカ合衆国
 国際標準化活動 ^

    エージェント技術に関する標準化団体FIPAに社代表として5年間参画.
    また,Web技術に関する標準化団体W3Cに社代表(Advisory Committee代表)として5年間参画.

  1. FIPA (Foundation for Intelligent and Physical Agents), 委員, 1998-2002. Finance and Audit Committee, 2000-2001.
  2. W3C (World Wide Web Consortium), AC代表, 2006-2010.
  3. WS-I (Web Services Initiative), 委員, 2002-2010.
  4. SWSI (Semantic Web Service Initiative), Industrial Committee, 2003-2004.
  5. Agentcities / openNet, International Contacts, 2003-2005.
  6. Semantic Web Services Framework (SWSF), W3C Member Submission 9 May 2005.
  7. OWL-S: Semantic Markup for Web Services, W3C Member Submission 22 November 2004.
 その他雑誌・報告書 ^
  1. 川村 隆浩,溝口 祐美子,他: 平成18年度セマンティックWeb技術の調査研究報告書, (財)情報処理相互運用技術協会(INTAP), 2007.
  2. 川村 隆浩,他: 平成17年度セマンティックWeb技術の調査研究報告書, (財)情報処理相互運用技術協会(INTAP), 2006.
  3. 川村 隆浩,他: 平成16年度セマンティックWeb技術の調査研究報告書, (財)情報処理相互運用技術協会(INTAP), 2005.
  4. 島谷 明, 川村 隆浩: ビジネスのマッチメイキングを実現するUDDIとWebサービス高度検索エンジン, 日本データ通信, (財)日本データ通信協会, Vol. 136, 2004.
  5. 川村 隆浩,他: 平成15年度セマンティックWeb技術の調査研究報告書, (財)情報処理相互運用技術協会(INTAP), 2004.
  6. 川村 隆浩,他: XML Webサービスマッチメーカー, E-ビジネスアプリケーションのための基盤技術動向調査報告書, (社)情報サービス産業協会, 2003.
 展示会出展 ^
  1. 科学技術情報の活用法&分析ツールを試そう!,
    JSTフェア2016‐科学技術による未来の産業創造展‐,デモ展示,2016.
  2. 科学技術情報プラットフォーム J-GLOBAL knowledge,
    LODチャレンジJapan 2015,デモ展示,2016.
  3. 放置自転車LOD,
    LODチャレンジJapan 2015,デモ展示,2016.
  4. 花咲かめら:フィールドでのLOD活用の取り組み,
    セマンティックWebコンファレンス2012,デモ展示,2012.
  5. オントロジーWikiサイトの構築,
    セマンティックWebコンファレンス2008,デモ展示,2008.
  6. オントロジーを用いたTV番組グラフ作成システム,
    セマンティックWebコンファレンス2007,デモ展示,2007.
  7. ブログアルファ - 人とロボットを結ぶブログコミュニケーション -,
    ロボットウィーク 2006,2006.
  8. ブログアルファ - 人とロボットを結ぶブログコミュニケーション -,
    CEATEC JAPAN 2006,2006.
  9. 商品評判ブログ検索サービス,
    WIRELESS JAPAN 2006,2006.
  10. ユビdeコミミハサンダー,
    セマンティックWebコンファレンス2006,デモ展示,2006.
  11. ロボットサービス発見技術,
    ネットワークロボット展 (WIRELESS JAPAN 2005併設), ポスター展示,2005.
  12. Ubiquitous Service Finder−ユビキタス環境におけるユーザ中心のサービス指向コンピューティング−,
    セマンティックWebコンファレンス2005,デモ展示,2005.
  13. WebサービスマッチメーカーによるUDDIビジネスレジストリ向け高度検索の実現,
    セマンティックWebコンファレンス2003,デモ展示,2004.
  14. 製品環境情報システム,
    (社)日本電気計測器工業会INTERMAC'99,デモ展示,1999.
 講義資料 ^

ソフトウェア設計学特論2(後期, 木曜日5限)
講義の目的: Myエージェントの設計

第1回 オリエンテーション
エージェントとはソフトウェアロボットである 【講義資料】
第2回 Webサービス入門
Webサービスはエージェントの手となる 【講義資料】
第3回 SOAP・WSDL技術解説
【講義資料】
第4回 演習1
Tomcat/Axisを用いたWebサービスサーバ・クライアントシステムの開発 【講義資料】
第5回 セマンティックWeb入門&RDF・OWL技術解説
セマンティックWebはエージェントに知識を与える 【講義資料】
第6回 演習2
Jena2を用いたRDF作成,RDQLクエリー,OWL作成,OWLパース 【講義資料】
第7回 人工知能研究概説&ルールベース推論技術解説
AIでエージェントの頭を作る 【講義資料】
第8回 演習3
Jena2を用いたルールベース推論システムの開発 【講義資料】
第9回 エージェント固有技術紹介(移動エージェント,エージェント間通信言語)
最後にエージェントに足と口を与える 【講義資料】
第10回 演習4
Bee-gentを用いたモバイル・マルチエージェントの開発 【講義資料】
第11回 Myエージェントの設計1
自分のエージェントを作ろう 【講義資料】
第12回 Myエージェントの設計2
発表(1人10分),評価ポイント(新規性,有用性,緻密さ) 【講義資料】