大須賀昭彦
国立大学法人 電気通信大学
大学院情報理工学研究科
情報学専攻
教授
連絡先
〒182-8585 東京都調布市調布ケ丘1-5-1
Mail: ohsuga ( at ) uec.ac.jp
Phone: 042-443-5605
Fax: 042-443-5607
研究内容
  • エージェント
    • 人工知能、知識処理、マルチエージェント協調、プランニング
  • 知的Web
    • セマンティックWeb、Linked Open Data (LOD)、オントロジー
  • 知能ソフトウェア工学
    • 自己適応(self-adaptive)技術、ゴール指向要求分析、レビューマイニング
  • データマイニング
    • 機械学習、テキストマイニング、プライバシー保護マイニング
  • これらの技術を応用したアプリケーションの開発
   研究事例の紹介
略 歴
1981年3月 上智大学 理工学部 数学科卒業
1995年3月 早稲田大学 博士(工学)
1981年4月 東芝 入社
 ・ システム・ソフトウェア技術研究所、研究開発センター、ソフトウェア技術センターなどに所属
 ・ 新世代コンピュータ技術開発機構(ICOT)に出向(1985年〜1989年)
 ・ 大阪大学非常勤講師、筑波大学非常勤講師、電気通信大学客員教授などを兼任
2007年3月 東芝 退職(定年扱い)
2007年4月 電気通信大学 着任
 ・ 大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 教授(2007年4月〜)
 ・ 大学院情報理工学研究科 情報学専攻 教授(2016年4月〜)
 ・ 教育研究評議会評議員 併任(2012年4月〜2016年3月)
 ・ 大学院情報システム学研究科 研究科長 併任(2017年4月〜)
 ・ 国立情報学研究所 客員教授 兼任(2012年4月〜)
所属学会
  • 情報処理学会
  • 電子情報通信学会
  • 人工知能学会
  • 日本ソフトウェア科学会
  • 電気学会
  • IEEE Computer Society
主な学会活動
1997年 情報処理学会 論文誌編集委員会 ソフトウェアグループ 主査 (〜1998年)
2001年 情報処理学会 オブジェクト指向シンポジウム2001 (oo2001) 実行委員長
2001年 情報処理学会論文誌「オブジェクト指向技術」特集号 編集委員長
2003年 日本ソフトウェア科学会 理事(〜2007年)
2006年 5th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi Agent Systems (AAMAS06) Sponsorship Co-Chair
2007年 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007) 共同プログラム委員長
2007年 6th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi Agent Systems (AAMAS07) Sponsorship Co-Chair
2008年 電子情報通信学会論文誌「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号 編集委員長
2009年 電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究専門委員会 委員長(〜2011年)
2009年 8th International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi Agent Systems (AAMAS09) Industry Track Co-Chair
2009年 12th International Conference on Principles of Practice in Multi-Agent Systems (PRIMA2009) Sponsorship Chair
2011年 IEEE Computer Society Japan Chapter Chair(〜2012年)
2011年 人工知能学会 理事(〜2013年)
2015年 日本ソフトウェア科学会 監事(〜現在)
2016年 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2016 (JAWS2016) 運営委員長
2016年 人工知能学会会論文誌「エージェント技術とその応用2017」特集号 副編集委員長
すべての学会活動
受 賞
1987年 情報処理学会論文賞 受賞
2009年 第8回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2009) 優秀論文賞 受賞
2010年 第9回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2010) ベストポスター賞 受賞
2012年 Linked Open Data Challenge Japan 2011 アプリケーション部門 審査員特別賞
2013年 Linked Open Data Challenge Japan 2012 アプリケーション部門 審査員特別賞
2013年 3rd International Conference on Advanced Communications and Compuation (INFCOMP2013) Best Paper Award 受賞
2013年 3rd Joint International Semantic Technology Conference (JIST2013) Best Poster & Demo Award 受賞
2014年 人工知能学会研究会優秀賞 受賞
2014年 4th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2014) Best Poster Award 受賞
2015年 3rd International Conference on Internet Services Technology and Information Engineering (ISTIE2015) Best Paper Award 受賞
2015年 人工知能学会功労賞 受賞
2015年 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文 選定
2015年 10th International Conference on Software Engineering Advances (ICSEA2015) Best Paper Award 受賞
2016年 電子情報通信学会論文誌 学生論文特集秀逸論文 選定
2016年 Linked Open Data Challenge Japan 2015 データセット部門 最優秀賞
2016年 第15回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2016) 優良論文賞 受賞
2016年 第15回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2016) 奨励論文賞 受賞
2017年 情報処理学会フェロー
2017年 情報処理学会論文賞 受賞
2018年 電気通信普及財団賞テレコムシステム技術賞(奨励賞) 受賞
詳 細
学生の受賞
2010年 第9回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2010) 学生奨励賞 受賞
2011年 International Conference on Network Technologies & Communications (NTC2011) Best Student Paper Award 受賞
2012年 第11回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2012) 学生優秀論文賞 受賞
2013年 情報処理学会 第179回ソフトウェア工学研究会 学生研究賞 受賞
2015年 第14回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2015) 奨励賞 受賞
2016年 マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム優秀プレゼンテーション賞 受賞
2016年 第15回 合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2016) 優秀発表賞 受賞
2017年 日本ソフトウェア科学会第34回大会 優秀発表賞 受賞
2018年 マルチエージェントと協調計算研究会 (MACC) 最優秀発表賞 受賞
詳 細
論文誌(最近のもの)
  1. サッカーPK戦におけるゲーム理論上の最適戦略とプロの戦略との差異に関する考察
    小泉昂也,折原良平,清雄一,田原康之,大須賀昭彦
    電子情報通信学会論文誌 (予定)

  2. パーチェス法を用いたエージェントシミュレーションによる金融機関の合併に関するシステミックリスクへの影響分析
    加藤秀紀,清雄一,田原康之,大須賀昭彦
    電子情報通信学会論文誌 (予定)

  3. Construction of Urban Problem LOD using Crowdsourcing
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, and Akihiko Ohsuga
    International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence (to appear)

  4. Anonymization of Sensitive Quasi-Identifiers for l-diversity and t-closeness
    Yuichi Sei, Hiroshi Okumura, Takao Takenouchi, and Akihiko Ohsuga
    IEEE Transactions on Dependable and Secure Computing (2018)

  5. 1.5車線的道路における待避区間の最適配置に向けた遺伝的アルゴリズム及び多目的最適化の適用
    天野和洋,前田宗宏,中村泰広,清雄一,大須賀昭彦
    土木学会論文集F3(土木情報学), Vol.73, No,2 (2018), pp.I_109-I_117

  6. 決定木学習を利用したビジネスプロセス実行ログ検証のための論理式の生成
    堀田大貴,平山秀昭,早瀬健夫,田原康之,大須賀昭彦
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J101-D, No.3 (2018), pp.530-538

  7. Temporal and Spatial Expansion of Urban LOD for Solving Illegally Parked Bicycles in Tokyo
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, and Akihiko Ohsuga
    IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E101-D, No.1 (2018), pp.116-129

  8. Location Anonymization with Considering Errors and Existence Probability
    Yuichi Sei and Akihiko Ohsuga
    IEEE Transactions on System, Man, and Cybernetics: Systems, Vol.47, Vol.12 (2017), pp.3207-3218

  9. 家庭におけるペット-ロボットインタラクション - ロボットのふるまいに対する犬の行動調査
    鈴木もとこ,清雄一,田原康之,大須賀昭彦
    情報処理学会論文誌, Vol.58, No.11 (2017), pp.1799-1807

  10. Designing and Publishing Illegally Parked Bicycle LOD
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, and Akihiko Ohsuga
    International Journal of Smart Computing and Artificial Intelligence (2017), pp.77-93

    すべての論文誌
国際会議(最近のもの)
  1. An Optimizing Placement of Passing Places in Mountainous Areas with Evolutionary Computing
    Kazuhiro Amano, Munehiro Maeda, Yasuhiro Nakamura, Yuichi Sei, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 17th International Conference on Computing in Civil and Building Engineering (ICCCBE2018), Tampere, Finland (2018)

  2. Urban Problem LOD for Understanding the Problem Structure and Detecting Vicious Cycles
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Akihiko Ohsuga
    in Proc. 12th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC2018), California, USA (2018)

  3. Do Professional Football Players Follow the Optimal Strategies in Penalty Shootout?
    Takaya Koizumi, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 10th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2018), Funchal, Madeira, Portugal (2018)

  4. Factors Affecting Accuracy in Image Translation based on Generative Adversarial Network
    Fumiya Yamashita, Ryohei Orihara, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 10th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2018), Funchal, Madeira, Portugal (2018)

  5. Agent-based Simulation Model Embedded Accounting’s Purchase Method; Analysis on the Systemic Risk of Mergers and Acquisitions between Financial Institutions
    Hidenori kato, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 10th International Coneference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART2018), Funchal, Madeira, Portugal (2018)

  6. Proposal of l-Diversity Algorithm Considering Distance between Sensitive Attribute Values
    Keiichiro Oishi, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (IEEE SSCI 2017), Honolulu, Hawaii (2017)

  7. Linked Urban Open Data Including Social Problems' Causality and Their Costs
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 7th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2017), Gold Coast, Australia (2017), pp.334-349

  8. User Participatory Construction of Open Hazard Data for Preventing of Bicycle Accidents
    Ryohei Kozu, Takahiro Kawamura, Shusaku Egami, Yuichi Sei, Yasuyuki Tahara, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 7th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2017), Gold Coast, Australia (2017), pp.289-303

  9. Crowdsourcing Worker Development based on Probabilistic Task Network
    Masayuki Ashikawa, Takahiro Kawamura, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI2017), Leipzig, Germany (2017)

  10. Construction of Linked Urban Problem Data with Causal Relations using Crowdsourcing
    Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, and Akihiko Ohsuga
    in Proc. 6th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI-AAI2017), Hamamatsu, Japan (2017), pp.814-819

    すべての国際会議
著 書 (主なもの)
  1. 人工知能学大事典
    人工知能学会 編(分担執筆)
    共立出版社 (2017), p.1579

  2. マルチエージェントによる自律ソフトウェア設計・開発
    大須賀昭彦,田原康之,中川博之,川村隆浩
    コロナ社 (2017), p.210

  3. エージェントと創るインタラクティブネットワーク
    西田豊明 編(分担執筆)
    培風館(2003),p.276
    1.3節 分散システム構築技術の要としてのエージェント, pp.9-21
    4.1節 ITS分野への応用, pp.91-96

  4. 増補改訂オブジェクト指向からエージェント指向へ
    本位田真一,大須賀昭彦
    ソフトバンク (2001),p.229

  5. エージェントテクノロジー最前線
    長尾確 編(分担執筆)
    共立出版(2000),p.262
    第5章 プランニングモバイルエージェント,pp.84-115

  6. エージェント技術
    本位田真一,飯島正,大須賀昭彦
    ソフトウェアテクノロジーシリーズ3 (青山幹雄,佐伯元司,深澤良彰,本位田真一 編),共立出版 (1999),p.252

  7. オブジェクト指向からエージェント指向へ
    本位田真一,大須賀昭彦
    ソフトバンク (1998),p.160

    すべての著編書
大須賀・田原研究室
Facebookページ
電気通信大学
大学院情報理工学研究科
情報学専攻
東京大学 本位田研究室
早稲田大学 深澤研究室
国立情報学研究所
GRACEセンター
トップエスイー (サイエンスによる知的ものづくり教育プログラム)
enPiT (分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク)
東京工業大学 Cloud Bauhaus
合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS)
情報処理学会
電子情報通信学会
人工知能と知識処理研究専門委員会
人工知能学会
論文誌
日本ソフトウェア科学会
コンピュータソフトウェア
電気学会
情報システム技術委員会
IEEE Computer Society
Japan Chapter